のらくら備忘録

忘れたくない事と忘れたい事を書く。節約とポケモンが趣味の浪費家。

同人誌・本・雑誌の自炊についての話②

2024.4月吉日

同人誌を全て回収したので、ここからが本番です。

まずは同人誌を
〈いる・いらない・自炊する〉の、
三種類に分ける所から始めます。

[いる]は、そのまま本の形で取っておくもの。
[いらない]はそのまま捨ててしまう、処分してしまう。私は新聞紙を捨てるための紙袋を購入した、中身が見えない様に捨てるという意味です。

なんにせよ[自炊する]が、今回のテーマ。

しかしそこに辿り着くまでも長い。
最終的に何冊しばいたかは書こうと思ってるが、何百冊もあるのでね…。
迷った本は[いる]と[自炊]に分類する。
[捨てる]は、割とすんなり行けたりするので不思議だ。

個人的に[いる]に分類された本たちだが…
・装丁が凝っている
・好きな人の好きなジャンルの本
・変形本
辺りが残っている率が高い。

結構[いる]のである。
泣く泣く作者のまとめ本だけを[いる]で、他は[自炊する]に回した子もいる。あとがきや装丁もなるべくなら保管しておきたいのですわ。

この作業にもかなり時間を要する、
年単位で開封してない箱たちだったので埃がすごい。スキャナーが精密機械なので、何度も吹きながらやらないと機械を壊してしまう。

まずはこの三種類に分けたらそれだけで狭ーい部屋が埋め尽くされてしまって人間が歩くスペースなんてものは消え失せてしまって怖かった。

これをやるだけで人によっては一日とか掛かる可能性もあるので注意が必要である。
ちなみに本の中身をほとんど読まず作家やジャンルだけで、捌いても3、4日位かかった。
とにかく物量が多いので時間が掛かる。
平日もやるとなるともうヘロヘロです。

なんとか無事に分け終わったら、[いる][いらない]は一旦避けておく。部屋にスペースがない人たちは阿鼻叫喚ですががんばりましょう。
私は玄関に積みました…( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

次に、[自炊する]を、〈ジャンル分け〉します。

ちなみに〈いる〉本も、時間があればもう一回あらためて〈自炊〉に回せないかを確認しようと思ってます。

〈ジャンル分け〉

ある程度、自分で収納している時にジャンル分けはしているが、箱が何個もある為バラけてしまっている。
なので、ジャンルを改めて固める作業を行う。スキャンを取って名前をつける時にその方がおそらく楽だろうという目論見からである。

これもまた部屋の場所をかなり必要とする作業であるので引き続き狭い部屋の人たち頑張りましょう。
ジャンル分けもそうだが、同人誌のサイズも固める必要がある。裁断する時にその方が便利。

それが終わったらようやく裁断作業に移れる。

〈裁断〉
紙粉ものすごく出るのでベランダやお庭での作業をお勧めします。埃で喉が死ぬ。

私はPLUSの裁断機を買いました。切るラインを決めてレバーを下すだけ。とっても簡単。

しかし本が太かったりする本は別途カッターを入れて小さく切り分けておく必要があります。

腰に来るので、高い作業台でやるのもありだと思います。
作業台だすのが大変だったので、私は座卓を外に出してやってしまいましたが。

本の糊は上部が一番残りやすいので、切る時にその辺りをなるべく頑張って切り落とす様にするのが、作業を早くするコツだと思います。
慣れてくると感覚で「このへんかな」がわかるようになる。

糊が残ってるとスキャンの中が汚れたりもするし、良い事がない。
くっついてると上手にスキャンもできないし、とにかく大変である。掃除も定期的に入れないといけないしね。

切り方でこの後のスキャンがいかに楽になるかという所なのでここは頑張ってやった方がいい。

だんだん遊び紙に対して邪魔だなって感情が湧いてくる頃合い。すみません本当に。
糊が残る原因でもありまして。
表紙と遊び紙、裏表紙と最終ページはくっついてることがほとんどなので、しっかり手でむしり取っておいてください。

切っても切っても終わらないけれど、スキャンもしないとレンタル期間が終わってしまうので必死である。


次にスキャン編に移っていくのだが、スキャンの設定がなかなか出来ないというトラブルが並行して起きていたので、その辺の話もあとで書きます。[
 
これは大量の同人誌の一部(全容は結局写真とれないくらいあり過ぎた)



これは余談の蛇足なので読まなくていいものなのですが。
私はジャンルを知らなくても漫画の場合は作家買いをする人間なのだなあと思った。艦これとか一ミリも知らんのにある程度の冊数がある。

本を買う傾向とか、この本は好みじゃなかったなとか、結構失敗もしてる。
なんでもいいから読みたい、
で本を買ってはならんのだなと思った。

今は自分の好みが割と分かってるので、あんまり「失敗したな」とはなりにくいが、注意書きに騙されて最近物凄い後悔する買い物をしたりもした。


女女作品なのに男から複数回強姦される小説は「男性との性的描写を抜かしても読める」訳は無いだろう…レ●プというものを軽く見ている?なんかもうなんもわからん…怖すぎて無理…倫理観どうなってんの…なんか世界の暴力に染まりすぎてるような気がするけどそんなもんなのか…。
女女の性的描写があればいい?いやだめだよ…。ご本人に聞いて買い物をしたのだが、いやきつかった。本は捨てました。

というかもしかしたら、「同人誌ってえっちなんでしょ?」みたいなふんわり認識の人がいるかもしれませんが、「同人誌はえっちなのもありますがそれだけじゃねえです、要は漫画」です。
二次創作も好きだけど、私は一次創作も大好きです。人の数だけ創作物がある。私はその差分を吸って生きている。好きな本と好きな作品を描く人に出会う為に足繁く即売会に通うのである。

好きな作家さんが複数人いるが、どうか末長く漫画や小説を描いて欲しいものだ。

なんか時間をおいて記事書いてるので口調がバラバラで変な感じ。すみません。

久々に会社の話

「弊社らしさ」を久々に実感した出来事があった。久々にブログに書くしかねーなという感じの内容です。

全然関係ない話ですが、昼休みに
「人をジロジロみることは暴力である」
と言う話の流れで、自分の私服が派手である故に他人から見られるのが余計にやなんだよ〜っていう話をしたら「え!写真ないんですか?何系ですか?」と問われたのでコンマ1秒で「え!嫌です!」って答えられたので滅茶苦茶自分の成長を感じた。「何系とかは良くわかんないですけど柄柄しいです」とは伝えた。嫌な事に嫌と言えたのが嬉しかった。年下なのか、歳が近い人だから伝えやすかったってのもあるけど。
「人を眺めてしまう」という人間に対して己の写真を差し出して消費なんかされて溜まるかってんだよ。そこで引いてくれたから良かったなと思う。


本題の話。
我が部署は女しかいないのだが、男が異動してくる事になった。×年位前に同じ部署だった人。あんまり興味が無いので印象は薄い人。職場の激ヤバ全員の悪口いいまくる女と付き合ってたらしい情報を聞いてドン引きした記憶がある。そんな人から連絡が来た。好きじゃ無い人にはあまり興味が湧かないタイプです。
その人からライン教えてーって連絡が来たので、とりあえずラインは教えた。

ちなみに信頼できる筋からのタレコミで『とにかく臭う、加齢臭とタバコの匂い』『態度がでかい』『口ごたえがすごい』『仕事ができない』という話を聞いていたので、
それを伝えるか!と意気込んでいたのだが、

「なんか、"派閥"ってあんの?」
「かかわないほうがいい女教えて」

という初手から私の心の大事な所を踏み荒らすミソジニーのオンパレード。
それにしても私が女なのに、女を腐す様な発言するのやべーな。そして君と仕事したのン十年前なんだけど、そういう人間によくここまで横柄な態度取れんなって感じ。私が君とこの部署の人間と、どっちと信頼関係築いてきたと思う?そういうのを推し量れずにゴリゴリくるのコミュ障にも程があるな。

ので、「大事なのは謙虚さと清潔感です、喫煙者は嫌われがちです。具体的にこうしたら良いです!」って話を書いた。私は仕事できる方じゃ無いが、態度と匂いには気をつけている方なので…。

そしたらば心当たりがあったのか逆鱗に触れた様で、

「男が臭いということを気にしている様だが、女くさい時だってあるけど?」
「匂いを気にする?世の中には男女半々でいるのに、やっぱ女しかいない部署、女は幼稚だな。こりゃ苦労するわ😢」

などと聞くに堪えない罵詈雑言……嗚呼弊社の煮凝り、男社会にズブズブでみんなに接待されまくって生きてきた哀れな男性、誰もお前に苦言を呈してくれない、諦められた中年男性よ。

私の平穏を、私の(比較的)穏やかな女の園での生活を踏み躙る様な発言…。弊社で生きるならここしかないと思って生きている人間に対するミソジニック暴言。弊社っぽい男、つまり社会のどこにでもいる男ということだ。

「いや…わしも女なんですけど女は幼稚って事ですか?女性差別はダメっすよ…」と反論して退勤してきた。
しれっときた返信では差別のことについて何も触れずに返信してきた。なんだこいつ。

心を病みたくない、もう病んでるけど。
不安ゆえに当たりちらかしてるのかもだが、私はそれを受け止めるだけの心のエネルギーとバリアは全部使い切っているのよ…_(:3」∠)_

隣の人にある程度開示しながら話を聞いてもらったまでは良かった。
そいつのせいで残業の憂き目にあった。
のだが、
残業中に「のらくらさんは他の人より仕事量少ないんだからみんなを手伝いたまえ」と言われてしまって「今日はクソ男の面倒を見たせい、この部署のための仕込みしてたからなあ。。。」と思いつつ、結論ありきの話だったので「そうっすねー」って言い続けた。同じタイミングでひとり立ちした人たちは一年やってて、私は半年である。比べられるのって辛い。社会と私の相性が悪い。

そんなこんなでその人が挨拶に来たのだが、挨拶などは何もせずにお疲れ様ですだけしか言ってなかった。
不安なんだったら最初に適度に緊張してるけど頑張ってる、みたいな所を見せたら良いのになどと思った。あんまり関わりたくない。

私の心は戦い過ぎてもうボロボロなのよ。
戦うことはタダではない、心は徐々にすり減っていく。

私は別に人に何かを指摘する事が多分そんなに好きじゃないはずなんだよ。めっちゃやってるけど。[uploading:284CA83C-B020-4028-BF8F-2EBB906D3C93/L0/001]

タンパク質生活の話 きっとまた付け足したりする

タンパク質みなさんどうやって摂ってます?
これ色んな人に聞いて回ってるんですけど、せっかくなのでまとめてみる。


練り物を食べる。炒め物とかにカニカマ出して食べてる。ちくわとかも良い。出汁も出るし。カニカマ玉とか美味しそうだなって描きながら思った。

プロテインを朝飲む。これは私は腸がよわよわなのでできない。あと肝臓?に悪そう。やるにしてもちまちまやらないとダメだね。

ブロッコリーを食べる。これはたまにやってる。

おやつに大豆を食べる。毎日食べてる。

おやつにナッツを食べる。毎日の様に食べてる。カシューナッツが大好物なので美味しいカシューナッツ知ってたら教えて下さい。私はドンキの割れカシューナッツが美味しくて好きです。たまに大外れ入ってるけど。

卵を必ず1日一個食べる。これはやってない、サルモネラ菌を蓄えるから鶏肉を常飲するのはあまり良くないという流派もあるよね。というかなんでも偏って食べることはリスクなんだろう。資産だって同じと思う。

米を炊く時に玄米とか麦とかバーリーマックスとか混ぜる。これは毎日やってる、腸内環境も体調も整うので超絶おすすめ、白いコメは美味しいけど身体にダメージがすごいからねえ。

鶏肉を食べる。たまにやってる。チキンステーキは美味いので「タンパク質足りねーー」って時はよく食べる。

豆腐を食べる。意識してやってる。具沢山麻婆豆腐は完全栄養食(諸説あります

ベースフード食べる。私は一気に食べ過ぎて腹を下した。加工されたタンパク質との相性が悪いんだろうかな。

豆を食べる。最近何か炒め物や煮物作る時に雑にミックスされた乾燥豆をぶちこんで作ってる。それこそ麻婆豆腐とか。美味しいかどうかはちょっとわからん。食べ応えはある。カレーは美味しいです。

ヨーグルトを食べる。これはやってないが友達は毎日やってるそうな。豆乳グルトをやるしか無いなー。一時期自席でヨーグルトずっと食ってる人だったけど今やってないな。自分の中で流行り廃りがある。

ベースブレッドを食べる。
この前一気に食べたら腹を下したのでダメです。というか運動した後に腸が炎症起こしてんのかもしれん。

ご飯炊く時に玄米やら押し麦やらを混ぜる。
これ滅茶苦茶簡単で良い。アマランサス、押し麦、玄米、バーリーマックス、黒米などを適当に配合してる。豆ごはんは……やってねえです…。好きじゃない。

最近私がやってるのはマルサン無調製豆乳を飲むやつ、100mlに4グラム入ってるらしい。紀文の豆乳が大好きだけども最近マルサンにしました。やすいので。汎用性の高さと糖分を控える為に無調製豆乳にした、これにがりいれたら豆腐になったりするんだろうかな。
そのままだと飲みにくいので少しだけカルピス混ぜてる。だんだん慣れてきて美味しく感じるようになった。人は慣れる生き物とは言ったものだ。

そして先週からはじめたのは、会社の近所のまいばすで三連豆腐を買ってきて、昼飯に飲んでる味噌汁にちょい足し(チョイではない)する事です。ボリュームでるし美味しいし良い感じだ。158円とかだった。サワークリームオニオン味。

マツキヨで売ってる大豆のお菓子が22グラムもタンパク質入ってる、先日見つけたのだが常飲しようと思う。光明さしてきた。やはり自分なりに色々アンテナを張って世の中を歩くといいものに出会えるのかもしれない。

メインの食事については、アレルギーにはなりたくないので、
大豆加工食品→その他豆→オートミール系→練り物系→鶏卵鶏肉系→胃腸の調子がいい時だけプロテイン、みたいな感じで回してみるかなあ。

どうしても大豆系が安いので偏ってしまう。
プロテインがほぼ飲めないと言っても過言ではないので苦労する。適正なタンパク質量摂取できる人なんかこの世にいるんかというくらい頑張らないと無理な気がする。

最近トレーニングしてるから意識してるけど、良質の睡眠(メラトニンの話、メラトニントリプトファンという必須アミノ酸から作られるので)にも必要とのこと。

最近睡眠の話も本を読んでいる。
タンパク質と野菜と果物を沢山摂ることが大事。まずは日々のタンパク質を頑張る。


このブログ書くのに一ヶ月くらいかかった。
近況を書き記してるのがブルースカイになってる。

同人誌・本・雑誌の自炊についての話①

これはメモがわりに使う予定の記事なので、このブログを読んでいる自炊の参考になるかどうかは分からないです。
とりあえず「覚悟」が決まるまでの経緯も含めて書いていきます。
このブログをGoogleなどで検索してたどり着いた人でも楽しく読めるようにしたいと思ってます。

まず何故自炊をするに至ったか、と言う話。
私はコミケやオンリーなどの即売会が大好きだ。同人誌という文化がたまらなく好きだ。
みんなの愛情が詰まった作品を読んで「ッカー!!!!」となるのが人生の中でかなり好きな時間に入る。

そんなわけで同人誌を買い漁り、増える一方だ(たまに一気に捨てることもあるけれど)。
厳選している側から買うからどんどん増える。
家のシングルベットの下が同人誌でみっしりである。床抜けてしまうんじゃないだろうかと思う。
今年の目標(と言いつつ数年かけての目標になっているが)は断捨離である、増やしつつ所有する、これはもう自炊しかないなという風に思い至った。

これ描き始めたのが2023.1.7なのですが、明後日オンリーに行きます、断捨離ってなに?うるせえ自炊するからいいんだよ!という気持ちです。

ちなみに漫画本は自炊せず電子で買いなおしています。
なんでかっていうと、当時はお金のない学生だったので中古で買った本も多く、作者の方に還元できてないな、今更ながら買ってしまおう、そんな感じです。

■方針を練る(覚悟を決める)■

・裁断せずに読み込む1
という機械のレビューも色々見てみた。まずは本としての形を保てるかどうかは大事だと思ったので。
やはり湾曲するのは避けられない模様だ。広げてスキャンできれば楽だろうと思ったけれどそうは問屋がおろさない。
やはり湾曲してしまうのはどうしようもないみたいだ。
昨今の質の良い電子書籍に触れ合っていると、多分気になってしまうだろうと言う所は避けられぬだろう。

・裁断せずに読み込む2
オフィスにあるようなスキャナを使用し、挟み込んでスキャナをやるやり方もあった。
しかし何百冊もこれでやると思うと気が遠くなる。
精度がいいのならはいいのだろうが、多分そんなに丁寧にできない。私の性格上多分無理。

→裁断して読み込む方針に決めた。
しかし、本当に大好きな本は裁断できない。だから、大昔ハマっていたジャンルだけど捨てることができない程度には気に入っている本から始める事にする。
実際、私は薄い本どれくらい持ってるんだろう、300〜800くらいは持っていると思う。数えたくない。


■何をどのようにやるか■
(2023.1.7)
まず裁断機とスキャナーは借りる事にした。所有したら断捨離の意味がなくなってしまう。
DMMなどにレンタルがあるらしい情報だけは事前に知っていた。
しかし他にもいろいろある。
あと、裁断するのは結構時間がかかる行為だという話を聞いた。同時に借りてもいいのだろうか。悩む。

■本を集める・場所を開ける■
(2023.1.7)
これはもう個人的な理由なのだが、私の同人誌は一朝一夕で取りに行けないところにある。取りに行かないと行けない。
そして、裁断する場所やスペースを確保しなければならない。
紙からは埃が出るので(紙粉)、できる事ならベランダ的なところでやりたい。となると、梅雨の時期はやめたほうがいいだろうか。
(内容的に外に持ち出していいものじゃないものもたくさんあるので)
段取り8割、とにかく準備をしなきゃならん。場所を確保する、その為に家の断捨離を進める事にする。
今の家はそんなに広くない、東京の賃貸なんてそんなもんだ。気に入ってるからいいんだけども。
まあでも、ある程度すでに同人誌手元にもあるので、そこから始めてもいいのかもしれん。
なんでもそうなのだが、私は「とりあえずやってみる」タイプの人なので。そこから修正していく。

そして、自炊のやり方についてはこちらのページを読んでいる、段取り8割。
私はとりあえず手を動かすタイプなので、計画を立てるのがそもそもあまり得意ではないのだ。
https://scansnap.fujitsu.com/jp/howto/


ここから時間は飛んで2024年3月吉日。
覚悟を決めてから私生活がずっとばたついてこんな時期になってしまいまして。

一年かけて覚悟は決まりました。
部屋の容量について思考し、自分なりの断捨離を繰り返しているが、それでもやはり限界がある事を理解しました。モノに支配されるのは嫌じゃないけど、生きてく上で他にも所有したいものが沢山あるので。本は電子のがむしろ手に取る事が多いくらいである事もここ一年で知ったことだ。

捨てる、取っとく、スキャンする、の三種類でやろうと思います。

裁断機だけは購入しました!
PLUSの裁断機です。
裁断とスキャンは同時並行ではなく、分けた方が良さそうな気がしたので。
試しに処分予定の本を切ってみたのだがいい感じ。

数ヶ月以内にスキャンをする予定があるので、またスキャンやったら報告します。

断捨離も並行してやってるのですが、いやあ紙って本当に場所取りますわ。
デジタルってすごい。
ちなみに私の電子書籍Kindleをメインで使ってます。定期的にセールやってくれるのがありがたくてメインになってしもうた。


このへんも自炊できたらいいのだが、太い本は後回しにしようとは思う。

国際女性デーなので、私が思う最近の女性の話

「こと日本において、『女』とは『人間』の意味では無い」のだなと思いながら日々を生きている。
具体的な扱いとしては、子産み人形、男の性欲処理道具、男の家事をやる道具、人の怒りを受け止める道具、人のヘイトをひきうける道具、優しくあれ美しくあれ目を潤わせろ、
そんな感じだろうかな。



フェミニズムを勉強する事と、
ホモソ社会で生きる事を並行してやってきて、
私がひしひしと実感してきた。どれだけ戦ってきたかは過去のエントリーから遡ってくれ。
男も女も、男が大好きで、女が大嫌い。
そういう社会で抵抗を続けて、私はもう疲れ果てた。


世の中は男の為に作られていて
女はそれに傅いて子を産み男を支え性欲を処理し家庭を円満に保つ事で「社会からの承認を得る」のだなと思う。
「男の子ってバカだからさ」「もー男の子だなあ❤️」「ああいう生意気な男の子って可愛い」と、職場で三十路男を甘やかす男好きの既婚者の女たち。お前らは男に甘えれば男が養ってくれるからな。そりゃ甘やかすよなあ。戸籍にイン!男の庇護下で転がしたりしつつ甘えるのがイイ女❤️だもんね。君たちはさ。

女には「女の子だなあ❤️」なんて言わないよね。そういうことを言う人は大体女性嫌悪でいうことが多いよね。


ツイッターで回っていて仰天した漫画があり「妊婦は分娩室に行くまで全裸で歩かされる」のだという。まじで言ってんのか。子を産む為に、子を産む為だけの人形に剥かれるんだな、人間性をすりつぶされて産む機械の扱いをされてしまうんだな。
妊娠すれば体型が恐ろしいほどに変化する、その変化を他人に晒すとは一体どんな気持ちなのか。
恐ろしいよ。
分娩室に勝手に研修医が入ってきて女性器をジロジロみられたり排泄する所を男たちに見られたりしたという話を見た事もある。
そういえば健康診断の時に男の医者に嫌な事をされたことがある、書きたくないから書かないけど。
この国での女に人権はないのだなと思う。
女は男のための人形なのだ。
男児を産み、いつか男児を産むための女児を産む機械なのだ。

車の大きさも、ピアノも男サイズらしいよね。

電車に乗っている時や駅を歩いている時に、性別不詳の格好をしていれば誰もぶつかってこないが、女の服装をしているとナチュラルにぶつかられ、当たり前のように大股を広げる男たちに出くわす。お辞儀しながら降りようとしても場所を開けてくれない。
「すみません」と言いながらエレベーターを降りようとすれば「すみましぇーーーん!!!!wwww」と、謎に男に真似されたりする。初対面の人と一緒だから何もしなかったけど、そういう事をする男には死んで欲しいと思っている。

女であることはリスクでしかないと思う。


男と二人で出かけた時と、女二人で出かけた時の社会から接せられる態度が違う。
女二人や女複数は粗雑に扱われ、
男だと「番」と見られる。悲しい。
私は友達と一緒にいるだけなのにな。

「男の所有物」として女は「尊重」される。
書きながらおもったけど、女は結局「男といることで価値がある」あるいは「一人でいるということは男がいないから不完全な存在なのに楽しくしてるのがムカつく」みたいなのはあるんだろうなと思う。やっかまれてるのは理解しているしよく感じる。「子供もいなくていいですよ」みたいなのとか「お母さんですね」みたいな事を言ってるクソホモソ男(年下)がいた。
自分で望んで番っておいて子供を作るという傲慢で無責任極まりない事をしておいて、他人をやっかむだのと本当に弊社の平均的な男は加害欲求が強いなと思う。おめーは誰のために生きてんだよ、気持ち悪いんだよ。仮にも人の親(お前は精子を女に発射しただけだが)なんだから、
お前の妻と娘のための社会を作れよ。

前に血縁者から、「男と番うことで男のフィルターで社会が見える様になる」的な事を言われたことがあって、私はそれが喉に引っかかり過ぎていたのだが、ようやくその意味を理解した。
「男と番わなければ不完全なものとして扱われる、この世は男の為に作られているから。女だけでは人間扱いされないぞ」
という意味だったんだなと思う。

でも結局、女が男のアクセサリーになってる位なら、女だけで誰にも隷属せずにいた方がマシじゃね?と思う。むしろその状態で生きてることこそが家父長制を苛立たせる事になるんよな。


ちなみに私は誰からも承認されてなくていい。好きな人たちがいて、みんなが一緒に遊んでくれればそれでいいとおもってるが、とにかく男女の給料を同水準にしてほしいと思っている。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/313743

https://www.asahi.com/sp/articles/ASS375TC0S34ULFA008.html?ref=tw_asahi

こういう話ね。
こういう話がツイッターで回ると見るに堪えないコメントが大量につく。この世は地獄だ。

お金があれば何でもできるけど、
お金がなければ何もできない。
苦しい世の中だ。
まあお金があっても勇気がなければ何もできないけどさ。

男と遊んでる時に金を払う時に「でもこの人私より生涯年収多いんだよな。何で同じ金払わなきゃいけないんだろうな……?だって男の給料を元にこういう金のレンジって決まってんじゃないのかよ。というか人と遊ぶだけで、何でこんなこと気にしなきゃいけねーんだよ、なんでこんなつまんねー事を私が考えなきゃいけねーんだよ!!!!!!」って一瞬思ってしまう。
毎回そう思うわけでないが、そう思ってしまうこと自体が本当に苦しくてやりきれない。新しく男の友達いらないなって思ってしまう。こういうのはノイズでしかない。社会が、家父長制が俺たちの友情を分断する。新しい出会いにすら臆病になる、悲しすぎるんだよなこんなの。

政治家は男ばかり。弊社も役員会議に女はゼロ。この場に女は存在していない。半分くらい女なのに。管理職は男しかいない。女は名誉男性だらけだ。適応したらそういう風にならざるを得ないのだろう。私の様に疑問を口にする人間の方が少ない。わきまえ女達が多い。男の言う事をへえへえ聞いて粛々とやる。牙を抜かれている。

被災地では「女が炊き出しを作り男は何もしない」らしいよ。有害な男らしさってやつだね。「そんなやつに作る必要ない」んだろうけど、「作らないと圧倒的腕力で何されるかわかんない」んだろうな。
そういえば男だらけの空間に行った時に林檎剥くかと立ち上がった時に男たち何もしなかったのを思い出したわ、その中で一人だけ「なんかやりますか」と言ってくれた男の人は先日結婚してたな。さもありなん。


他にも、女女恋愛創作読んでても「男根の付いていない男性と自分を比べる女」が出てきたりとか、「男を匂わせないと女同士をくっつけられない呪い」とかが、「割と雑に」書かれていたりするのが嫌だなあって思います。
社会は男の為に作られているから、そこの迷いで「女が女と付き合うことをやめる」という話はもう本当に疲れた。読みたくない。だって現実でそういうことが起きてるんだよ。創作として「消費」するのにはテーマが重すぎるよ。というかそういう百合漫画(と、百合漫画の皮をかぶったなりかを)読みすぎて疲れ果ててる。

女は一人でも子供を産めるのにそういう事を考慮されてない創作が多いのは、この国が婚外子に対して厳しいからであり、それが同人誌にも如実に反映されているなという事を思う。

同人誌読んでて思う事が、
「普通の幸せ」とか「男根」に支配されながらこの人は、女女関係性(百合と呼ばれるもの)を、書くんだなあ……男好きなんだね……百合が描きたいのか、男に支配される女が描きたいのかどっちなんだい?っていう気持ちになる。
ぐったりげんなり。
婚姻してる作家でそうじゃない人もいるから不思議ではある。上記の様なテーマを書いてもそうならない人もいる。
女の話なのに男根の話を書くのはやめないかと思うけれど、この世の中が男根を撫でる為にできてるからしゃーないのかもしれない。
書いてる人たちも多分被害者なのだ(加害したいと思って書いていない限りだが)。



国際女性デーに思う事は、
女が自分の人生を生きられるような、
家父長制をぶっ壊すための、
社会を作っていかねば私はずっと呼吸が苦しくてたまらんから、私のためにいい社会を作っていかねばなるまいなということを思います。

具体的には、
嫌なことをされても笑ったり誤魔化したりせずに黙らず相手の都合よく振る舞わないとか、
女を貶める発言をする人間がいたらきちんと反論するとか、
女に対するミソジニーな感情を抱いている人がいたらそれはどうしてそう思うのかをときほぐすようにするとか、
社会の勾配について勉強をしておいて自分自身で反論できるように準備をしておくとか、
そういうことですかね。

そんなことしなくても「普通」に、生きていける男性陣のことがほんと羨ましいよ。
考えている男性は本当にずっと一緒に考えて生きていこう。黙ってても給料が上がり、社会から会社からチヤホヤされる。その特権と下駄の事を忘れないで欲しい。



最後に紹介しておく。
こんなのを大手新聞社がやるようになったのは社会が前に進んでいる証拠でもあると思う。

この世がおかしいと思うみんなでさ、
言葉にならない人も含めてさ、
団結してやってこうぜ。
https://www.asahi.com/special/thinkgender/cards/


[uploading:17A7567A-E887-45FA-8F52-8C1BBEEEFC66/L0/001]

久々にガシャ付きのソシャゲをやっているが文句しかない話

ポケモンマスターズEXを始めました。
理由は勿論オモダカさんに会いたいからです。

アイドルマスターミリオンライブ振りのソシャゲである。私はガシャを引くタイプのソシャゲが好きではない。ポケモンGOポケモンスリープの様なソシャゲは好きだ。好きな理由は、そりゃポケモンが好きという理由は大きいが、「課金要素が付加価値なので課金する際に迷わなくていい」という所が大きい。

ガシャを引くタイプのソシャゲは嫌い。
まずブラインド商品が基本嫌いなのだが、それの最上位だなと思ってる。ガシャとは当該キャラクターが出るまで回さないとならない。ガチャガチャである。目的の引きたいキャラクターが一人であれば、その一人のために引く。天井というものが設定されているソシャゲもあれば、天井がないものもある。天井に辿り着けば確定でそのキャラクターを引ける。しかし、ガシャは「他のキャラクターも輩出される」のである。他のキャラクターが出た時に「ぬか喜び」になってしまう。
そのキャラクターが出た時に「あっ…この人じゃない…」となるのが心底嫌。
ガシャで排出されたキャラクターのことが嫌いなわけじゃないのに罪悪感がすごい。
リーリエ来てくれたけど「アッ」ってなったのでダメです。リーリエはかなり好きな方のキャラクターにはいるんだけどね。

2万円までなら課金してもいいな…ソシャゲ嫌いだがオモダカさんの為なら…と思いながらはじめたのだが、まさかの無償と有償で天井が違うという罠。無償石で引きはじめちゃったからこれどうすんだよ…というわけでちまちまと課金と大幅な時間を使いガシャを回しています。コミュ回収がきっちい。ソシャゲの嫌な所はソシャゲに時間の全てを支配されるところでもある。本当に嫌。毎日喚きながらちゃんとやってて偉すぎる。こんなの意味あんのかよって喚いてたら同居人氏がそんなに苦しみながらやってるんだからむしろ意味しかないと言われて元気が出た。そうだね、頑張ることに意味がある……。
他の友人にも相談したら励まされた、私はこういう理不尽な課金が嫌いなの知ってるからよ……。

ガシャは本当に嫌い。
普通に4万円とかで出して欲しい。それなら文句言わず引くから。
天井したらいいじゃん?そういう話をしてんじゃないんだよ。
確定でお願いします。

というわけでぼちぼち課金しながらやってます。


うら若き女性キャラクター達の立ち絵が「家父長制のオジサンが喜びそうな、社会でイメージされる女性的な立ち絵」が多いのもゲンナリしてる。アイドルゲームなのかこれは?みたいな気持ちになる。しなをつくる女やぐねぐねまがる女。
足をあげてキャピキャピしたポーズを取らされる女。
ええ…私が子供の頃からやってきたポケットモンスターってこんなゲームなんだったっけ…?
みたいな気持ちになってる。オモダカさんはそういうポーズ取らされてないので本当に良かった。

男主人公は誰一人しななんかつくってねーよ。
全員キビキビしててくれよ、それならいいよ。
ばーかばーかほんと向いてねーよこういうの。

ゼイユ来たらまた同じことをやらないといけないのか…?やりたくない……。



というわけで長々たらたらブログ書き足してるうちに無事に天井まで行きました。
疲れた……。

言葉についてよく考える話

私は何度も何度も同じ言葉について論ずる。納得できるまでずっと考えてる。

最近引っかかっている言葉
・拗らせ
・母性
・女子力
・男だろ

これ全部女性から発せられている(うち二つは名誉男性)のだけど、なんかもうずっとモヤモヤしてる。

拗らせ。
これについては防御の言葉なのだろうという結論になったのだが、やはり「拗らせ女子」とかいう自虐的なニュアンスとして使われるのだろう。
今度直接本人から聞く機会を設けようと思ってる。

母性。
母性じゃなくて包容力のある愛という言葉で言い換えればまあ良いかなという気持ちになった。
母じゃない人間に「母性」って、オタク界隈でいう所の「バブみ」みたいなやつだよね、それもちょっと無理。
そもそも母性って「母性本能」という、私の嫌いな「本能」という言葉が紐づいてきがちな言葉なのでそれもまた好きになれない。母とは生得的なものではないから、生まれた瞬間に女性性が会得してるものではないだろうと私は思う。
母性が溢れてるね!!って褒め言葉にはいちみりも思えないので、愛の深い人だねという言い方でいい。無性の愛?キリスト教のことはよーわからん。弱いものを守ろうとする生き物の行動のこと?母性って何?まだ結論は出てない。

女子力
甘いものを買ってきたり、甘いものを食べたりすると「女子力ー」って話になることがある。
滅びよ。


男だろ
子供を泣き止ませるために「男だろ」と男児が言われていた。こうやって男児は内なる魂にホモソを蓄えていく訳だな。人様のうちの子供なので言及はできなかったけど、その後できる範囲でなるべくフォローはしたけど。子供の頃からそういう話をされるんだな。。。。と思った。



関係無いが、「あの人可愛いのになんでもっと可愛い服着ないんだろう?」「きてほしいよねー」って隣の席の人が話してて、(そういう人がいるから着にくいんじゃねーのばかなのかこいつらは、つーか他人の服装をジャッジすんなやぼけ)って思いました。
ファッションは自分のためにやる。
いつもそうである。

50歳前後の人と話が合う訳ないよなあと思いつつ、でもやはりこういうのは年齢関係ないよな…と思ったりもしてる。

全員私色に染めてやるよ、理解出来るように説明した上でその言葉を選び取る正々堂々とした愚か者にステップアップしてもらわにゃあ困りますわ。己の加害性をわからないで言論を発する事ほど残酷なものもねえからよ。